ごる子13

ごる子(仮名)と私の明日はどっちだ!? ごる子(仮名)さーん!白菜丸齧りは止めてください・゚・(ノд`)・゚・。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごる子13 --我が名はレトリーバー--

こう言っては何だがごる子(仮名)はお手伝いを率先してやるとてもいい子である。

ごる子(仮名)さん。このタオル、お母さんに渡してきて」
ごる子(仮名)は意気揚々とタオルをくわえて母に届ける。

ごる子(仮名)さん新聞を持っていって」
まるでアメリカ映画のワンシーンのように新聞を持ってくるごる子(仮名)
20051011.jpg

ごる子(仮名)さん、これ洗濯物だから洗濯籠へ持っていって」
たくさんの洗濯物を洗濯籠へと運ぶごる子(仮名)

しかしごる子(仮名)スナイパーである。「仕事」には必ず「報酬」が発生する。
「報酬」はマグロを干したおやつなのだがごる子(仮名)はこれに目がない。
一通り依頼された「仕事」を終えると「報酬」のマグロほしさに自ら仕事を作り出す

何かをくわえて持ってくるごる子(仮名)。もちろん報酬なしでは渡してはくれない。
口をこじ開けようとしてもびくともしないので仕方なくマグロと引き換えに渡してもらう。

「わぁ~ゴミ拾ってくれたの…ありがとー…」

小さなゴミを見つけると拾って渡しに来るごる子(仮名)。だがこれはまだいいほうだ。

ごる子(仮名)さん、この靴下さっき運んだ奴じゃない?」

挙句の果てには、さっき運んだ洗濯物籠から引きずり出し再度マグロをせしめようとしたり

「くぉら!それは洗い終わってきれいなやつでしょーー!」

取り込んでたたんだ洗濯物(済み)をわざわざくわえて持ってきたり。(もちろん洗濯し直しになる)

がさごそがさごそ

「こら、ごる子(仮名)!なんでゴミ箱からゴミ拾って持ってくるの!!意味ないじゃない!!」

マグロのためなら何でもやる…それがごる子(仮名)。おそるべし!
スポンサーサイト


  TopPage  



Copyright ©ごる子13. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。