ごる子13

ごる子(仮名)と私の明日はどっちだ!? ごる子(仮名)さーん!白菜丸齧りは止めてください・゚・(ノд`)・゚・。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごる子13 --南極物語--

そろそろ公開される南極物語。
わんこ好きでなくても泣けること必至な映画だと予想される。
わんこを極寒の地に置き去りにするというぶっちゃけ非道な話である。
母が試写会に行ってきて今朝、ざっとしたあらすじを聞いたのだが(あらすじと言っても「犬が置き去りにされちゃう話なの;;」程度だったが) それを話す母と聞いた私とで朝から親子で涙ぐんでしまった。
端から見るとさぞかし奇妙であろう。
さて、仕事中ではあるがもしもマイスイートハートごる子(仮名)を置き去りにしなくてはならない状況になったらどうするか…と考えてみた。
結果、置き去り無理
「もしもごる子を置き去りに…」と考えただけでまたもや涙が出てきてしまった。(確認。ここは職場
ごる子(仮名)は臆病で寂しがり屋でワガママで甘えん坊で何よりデブで顔が長いので一人では絶対生きてはいけない。
おそらく「ぴーぴー」泣き続けて一週間も持たずに死んでしまうだろう。

ふと思い出したが、以前こんな話しを聞いた。
かの有名なタイタニックが沈むとき救命ボートに乗ろうとした婦人がつれていた愛犬は救命ボートに乗せられないと断られた。
婦人は愛犬だけを沈む船に残すことはできず、救命ボートには乗らず愛犬と共に海に沈んだという話だった。
本当にあった話かどうかはちょっとわからないがおそらく自分もそうするだろうと思った。彼女(ごる子(仮名))を一人ぼっちで残すことなどできない。
*ググったら実話らしい。本も出てました。
私は職場も家から歩いて帰れる距離の場所にした。(それでも直線で10kmはあるが…)
理由はいつか来ると言われている大地震の際、何が何でも家に戻りごる子(仮名)を救い出さねばならないからである。

臆病で寂しがり屋でワガママで甘えん坊で何よりデブで顔が長いごる子(仮名)と暮らすようになって4年。心配事が格段に増えた。
しかし守る者がいるということは大変だけど幸せなことであるとも思った。

20060308.jpg

スポンサーサイト


  TopPage  



Copyright ©ごる子13. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。